介護職は人材不足が問題視されています。施設を利用するお年寄りの人数と比べて、介護職員の人数が少ないです。忙しい仕事なので、途中で離職する人が多いのも現状です。なぜなら介護の仕事とは大変な仕事だからです。

施設に勤務する者は、朝昼晩と一日中お年寄りの世話をしなければなりません。それに介護をするには、一人ひとりの個性を知らなければ勤まりません。素直に言うことを聞いてくれるお年寄りだけではありませんし、職員に反感を覚えるお年寄りもいるでしょう。もしかすると罵詈雑言を浴びせられる可能性もあります。それだけでも辛いことなのに、人材不足なので非常に忙しいという現実まであります。

また、介護業界はおおむね低賃金です。賃金は介護保険という国の制度により支払われますが、決して高くはありません。安い賃金で誰からも認められない仕事、自分は何のために働いているのかわからなくなってしまう人もいることでしょう。報われない仕事というのは、心を衰弱させていきます。

介護関係の仕事は離職者が多いのが現状です。賃金を上げることも必要ですが、それだけではいけません。お年寄りの役に立ちたい、と働くことに熱意を持ち、志を持って仕事をしている人も当然多くいます。そういう人達は多くの賃金よりも、職場の環境改善を仕事をする上で重要な要素として求めているのです。

新しい人材確保も当然ながら急務ではあります。外国人に仕事お願いすることができるなら、多少ではありますが人員不足の問題は解決することができるでしょう。しかしまず大切なのは、現在介護職に携わる人たちが離職せずに済む、魅力的に思える環境作りをすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です